スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスと論語 「仁」

新潟の経営コンサルタント、中小企業診断士の中俣です。

今回は論語の一節から、ビジネスにおける「仁」(思いやり)について考えてみたいと思います。

経営コンサルタントとして、数多くの会社、数多くの経営者、数多くの社員の方々と接しており
ますが、企業再生が必要な会社(=現在何らかの問題を抱えている会社)を対象としているため、
多くの困難に遭遇します。

私の全ての言動が、会社を良い方向に導こうとするためのものですが、真意が伝わらなかったり、
聞く耳を持ってもらえなかったり、社内紛争に巻き込まれたりしたり、などいろいろです。

こちらの熱意が空回りして、心が折れそうになることも度々です。

そのな時は歴史に学び、偉人の言葉に癒してもらうことが一番です。

本日は私の好きな論語の一節をご紹介します。

 人にして仁あらずんば、礼を如何にせん。
 人にして仁あらずんば、楽を如何にせん。

 思いやりのない人間がうわべだけを取りつくろって、礼があってもそれが何になる。人として
 愛情がなければ、いくら上手に音楽を奏でても、それが何になる。「礼」は「仁」があってこ
 その礼であり、仁が備わっていない礼は、「虚礼」に過ぎない。人としての愛情に欠けた者が
 いかに巧みに音楽を奏でても、人を感動させることはできない。という意味です。

孔子が説いた「仁・知・義・礼・信」の五徳のうち、最も重んじたのが「仁」であり、それは
ビジネスにおいても変わらない不変の原理原則だと考えます。

「仁」は思いやりの心、すなわち相手の立場に立って考えることであり、その精神は商売におい
ては「マーケティング」の、組織においては「リーダーシップ」の原理原則そのものだと思い
ます。

しかし、頭でわかっていても、相手の立場に立って考えることを実践することはとても難しい
ことだし、それを確かめる術もありません。

ただし、「仁」の心ないところに、どんな知識、経験、ノウハウ、肩書などを上塗りしても、
相手からの共感も感動も生まれないことは間違いありません。

ビジネスにおいて、常に「仁」の心を忘れない姿勢を心掛けていきたいものです。
 
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

失敗のススメ

新潟の経営コンサルタント、中小企業診断士の中俣です。

本日は、経営における「失敗」について考えてみました。

ビジネスにおいては、リスクの大きさとリターンの大きさは比例関係にあり、どんなに優れた経営者でも、
失敗は避けて通れません。というか、失敗から逃げてはいけないというのが経営者の宿命です。

ドラッカーも「マネジメント」の中でこう言っています。

優れた仕事ぶりとは、長期にわたり、仕事において成果を生んでいくことである。当然そこには間違いが
含まれる。失敗も含まれる。強みだけでなく弱みも明らかになる。
間違いや失敗をしたことのない者だけは信用してはならない。そのような者は、無難なこと、安全なこと、
つまらないことにしか手をつけない。人は優れているほど多くの間違いをおかす。優れているほど新しい
ことを行うからである。


経済活動の本質とは、リスクを冒すことである。より大きなリスクを負担できるようにすることこそ起業家
としての成果を向上させる唯一の方法である。


経営者・リーダーにとって、決断力や勇気がどれほど重要か思い知らされる言葉です。さすがです・・・

人間にはそもそも「安全の欲求」が備わっていて、現状を変えることに抵抗感があります。したがって「失敗」
についても、できるなら避けたいと自然に考えてしまいます。少子化の世の中では、親も子供に失敗をさせない
ようにしているため、人々の「失敗」に対する恐怖感がますます増長しているように思います。

ただ、ドラッカーの言う「より大きなリスクを負担できる」ようになるには、小さな失敗とそれを克服した経験
を積み重ねていればこそできるものだと思います。

世の中がハイスピードで劇的に変化する時代、それに合わせて経営も変化させていかなくては生き残ることが
難しくなっています。

変えることを恐れて問題を先送りにしている経営者を多く拝見いたしますが、押し寄せてくる波に飲み込まれる
ことと、違う場所に逃げることではどちらのリスクが高いかは明白です。

一方、チャンスについてはどうでしょうか。「変化あるところにチャンスあり」と言われていますから、不況と
言えども意外にビジネスチャンスは少なくないと思います。ただし、変化のスピードが激しいためにチャンスと
認識できるタイミングがあっという間に過ぎ去ってしまいます。

これはチャンスだという「証明書」が出る頃には、もう成熟市場の消耗戦が繰り広げられているのが現実です。

決断に当たっては、時間をかけた緻密な分析はかえって判断を誤らせることがあります。決断したその瞬間から
陳腐化が始まりますから、軌道修正を前提にして、まずは「決める」ことを決めましょう。


テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ターナル

Author:ターナル
ターナルアンドパートナーズ代表
中俣誠です。
 中小企業診断士
 認定事業再生士(CTP)
 金融機関在籍20年

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。