スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指したい貸借対照表とは

新潟の経営コンサルタント、中小企業診断士の中俣です。

本日は、目指したい貸借対照表の姿についてお話しします。

高度経済成長の時代においては、何より規模追求の時代でした。売上高の規模、総資産の規模
が企業の優劣の尺度と考えられていました。

その後、安定成長から低成長時代に入り、売上主義から利益主義に視点が移り、バブル崩壊後
は効率主義、キャッシュフロー重視に経営の主眼が移り変わっています。

そこで、企業のモノやカネの状態を表している貸借対照表についても必要以上に大きくしない
ことが理想と考えられています。それは、大きくするとそれだけ固定した経営システムになり
がちであり、環境変化が激しく将来の予測が困難な現在の状況にうまく適応できないという理由
が考えられます。

したがって、同じ利益、同じキャッシュフローでも、できるだけスリムな貸借対照表で生み出す
「パフォーマンスの高い経営」が理想的ということになります。

また、財務比率分析で行われる安全性分析にも影響を与えるため、金融機関の自己査定対策と
しても重要な意味があります。

具体的には、資産項目については現金になりやすい資産である流動資産(資産の部のより上位の
項目)の金額が大きければ大きいほど一般に安全であり、負債純資産項目については、すぐ支払
う必要がない固定負債や資本金(負債純資産の部のより下位の項目)の金額が大きいほど安全だ
と考えられます。

現金を増やすには、利益を出す以外に資産をお金に換えることが大切です。会社のお金は放って
おくとどんどん資産に変わり、それが徐々に固まって手がつけられなくなっていきます。具体的
には、在庫・売掛金・固定資産の3つです。この流れを断ち切り、資産を換金(スリム化)する
努力をしましょう。

そうすると、モノ(商品)が動き、カネ(資金)が動き、ヒト(社員)が動き、会社全体が活性
化していい流れに変わっていきます
スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ターナル

Author:ターナル
ターナルアンドパートナーズ代表
中俣誠です。
 中小企業診断士
 認定事業再生士(CTP)
 金融機関在籍20年

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。